もつ鍋が呼んでいる

打首獄門同好会

歌詞

さぞ疲れただろう ため息まじりに肩を落として
もう家に帰ろうか 今日のところはここまでにして

でも帰る前に 寄り道をしよう
ほら 耳をすませば どこからか
あなたを呼んでる 声がするだろう

もつ鍋が呼んでいる もつ鍋が呼んでいる
呼んでいる声が聞こえるだろう もつ鍋が呼んでいる
噛みきれぬ何かを噛み締めて 汚れた何かを洗い流して
明日も生きねばならぬその身体を もつ鍋が呼んでいる

冬の風は寒かろう 世の世知辛さで心も寒かろう
芯からあたためよう 凍えてしまわぬようあたたまろう

だから帰る前に 寄り道をしよう
ほら 目を凝らせば 見えるだろう
あなたが望めば いつだってその先に 待っているから

もつ鍋が待っている もつ鍋が待っている
あたたかい湯気で部屋を満たして もつ鍋が待っている
冷えきった何かをあたためて 空っぽになった何かを満たして
明日も闘わねばならぬその身を もつ鍋が もつ鍋が待っている
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
0
感動
0
壮大
0
癒し
100
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
100
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
大澤 敦史
作曲
大澤 敦史
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top