花ひらくまで

カネコアヤノ

歌詞

秋口みたいな春のはじめ
曇ってばかり

今夜も一歩
踏み出すには星が足りない
君の帰りをいつもの椅子に
腰掛けて待つので精一杯

空きかけの缶ジュースのまわり
反射するアルミ 朝日で綺麗

背中から腕を回して
石ころの数かぞえるみたく
少しづつ指を動かす

咲くのに時間がかかってる
チューリップ眺めて
温かいお茶をすするのです
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
0
感動
0
壮大
0
癒し
100
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
100
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
カネコアヤノ
作曲
カネコアヤノ
Producedカネコアヤノ
Vocalカネコアヤノ
Electric Guitarカネコアヤノ / 林 宏敏
Tambourineカネコアヤノ / Bob
Hand Clapカネコアヤノ / 林 宏敏 / 本村 拓磨 / Bob / 村田 美佳
Banjo林 宏敏
Bass本村 拓磨
DrumsBob
ShakerBob
Beach SandalBob
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top