忘れ得ぬ人

Mr.Children

歌詞

どうしたら説明つくだろう?
君に そして自分自身に
まるで理想通りの美しさをすぐ目の前にして

寂しさに打ち勝とうとして
誘惑を目の敵にして
頑な自分とさよならできるそのチャンスが来たのに

甘く切なく響く 君が弾くピアノのコードに
ひとつの濁りも無く
優しく僕を包んでくけど

何してたって頭のどこかで
忘れ得ぬ人がそっと微笑んでいて
憧れで 幸せで 僕を捕まえ立ち止まらせる

誰一人として近づけないくらい
忘れ得ぬ人が胸を濡らしていく
心の岸辺で僕は今日も待ってる

君の望み通りに
卒なくこなす僕もいる
何食わぬ顔をして満足げに振舞えるだろう

本当はその方法が正しい道かもしれない
きっと後悔もするんだろう
だけどその手を引き寄せはしない

愚かだって自分で解っていても
忘れ得ぬ人が心に生きていて
優しさで 厳しさで 僕を抱きしめ立ち止まらせる

歳を取って自由を捥(も)がれても
忘れ得ぬ人だけが心にいる
その日が来るのをどこかで願ってる

何してたって頭のどこかで
忘れ得ぬ人がそっと微笑んでいる
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
100
感動
100
壮大
0
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
桜井 和寿
作曲
桜井 和寿
編曲
森 俊之
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top