最終列車

Cö shu Nie

歌詞

いつの間に乗っていたかはわからない
トランクひとつで席についてたの

ねえ僕らはどこへ向かっているんだろうね?

片道切符限定の列車は猛スピードで線路の終わりを目指してる
たどり着く場所がどこかなんて誰にもわからないのです

「「次は終点、終点」」

白は静かに俯き座ってた
黒は涙を流し窓を叩き祈った

漠然とした不安は幻さ
僕らにできることは限られてる

知ってるのに拭えないのは実体が掴めないから

ねえどうして僕らまだ未来が見えないの?

生まれた時から決まってたなんて
頭の中で何度もリフレインしてる

止まらない列車は終点を越えて宙を舞う

記憶よ 星のように走れ走れ
僕の丁度真ん中を貫いて

最期に握った手が過って
サヨナラが言えなかったのを思い出して

僕は、

この曲のみんなの印象をチェック!

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
50
感動
0
壮大
0
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
50
狂気
50
怖い
0
曲情報
作詞
Miku Nakamura
作曲
Miku Nakamura
編曲
Cö shu Nie
VocalMiku Nakamura
GuitarMiku Nakamura
KeyboardsMiku Nakamura
ManipulatorMiku Nakamura
BassShunsuke Matsumoto
DrumsRyosuke Fujita
引用asphyxia
このページをシェアする
Page Top