水葬

おいしくるメロンパン

歌詞

「生まれ変われるなら鯨がいいな」
いつも窓をみつめる君の言葉
二重瞼が鈍く閉じた朝に知ったよ
世界はどこまでも薄情なんだね

沈黙する大気の底
君を攫って歩くプールサイド
月夜の水葬

宇宙を口に含んだら
魔法のかかる季節だね
もう一つ目の栓は抜いたよ
終わらない夏に
ただ渦を巻いた

まるで古びた映画みたいな景色だ
僅かでも確かに水位は下がっていく
君が壊れ始めるまでの日々も
音を立てながら流れてしまうみたいで

丑三つ時 夜の帳
君は笑ってくれる
プールサイド
秘密の追悼

重い重い闇を背負って
細い弧を描いた
あの月がさ
鯨の目の玉みたい
カルキの匂い 目眩 寒い
胸が痛い
今、空が落ちてきた。

ねぇ飛沫をあげてみせて
魔法の解ける時間だよ
もうこれで全部栓は抜いたよ
僕だけを残し 空になった水槽
金色の朝の中

「        」
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
100
感動
0
壮大
0
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
50
狂気
50
怖い
50
曲情報
作詞
ナカシマ
作曲
ナカシマ
編曲
おいしくるメロンパン
Vocalナカシマ
Guitarナカシマ
Bass峰岸 翔雪
Drums原 駿太郎
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top