夕立と魚

おいしくるメロンパン

歌詞

予報外れ、下校時刻すぎて
鞄を頭に乗せてる
君のスカートがひらひら
びしょ濡れ、乾いた髪
嫌味なくらい赤い夕焼け
火照った顔をまた熱くする

時計台の長い影が
弧を描いて落ちてくる
水面に写る僕とすれ違った

瞼を閉じたって透けてくるような
みかんジュースで満たされた水槽を
染みるかすり傷抑えてゆらりゆらり
ねえねえ君とこの街で
永遠に漂っていたいなんて
言えるはずもなく

悴んだ右手、雨上がり
17時半のチャイムで「またね」
手を振った、ひらひら
びしょ濡れ、乾いた髪
目を覚ましはじめた街灯
火照った顔はまだ冷めやらぬ

曖昧な君の言葉は
カプチーノで満たされた心臓に
今も尚シロップを注ぐ注ぐ
ねえねえ僕とこの街を
永遠に彷徨っていてなんて

瞼を閉じたって透けてくるような
みかんジュースで満たされた水槽を
染みるかすり傷抑えてゆらりゆらり
ねえねえ君とこの街で
明日も会えるなら
このままでいいのかな


(※「色水 / シュガーサーフ / 夕立と魚」付属の歌詞カードでは
 最後の行は 「それだけでいいのかな」 と表記)

この曲のみんなの印象をチェック!

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
6
切ない
87
感動
26
壮大
10
癒し
52
面白い
0
ノリがいい
6
鼓舞
0
かわいい
16
恋愛
52
セクシー
3
怒り
0
不思議
26
狂気
0
怖い
0
曲情報
引用色水 / シュガーサーフ / 夕立と魚
このページをシェアする
Page Top