エンゼルランプ

Helios+trope

歌詞

手を離した一瞬だけ 離れてったその手を
手繰り寄せて抱きしめたくても 動けない夢を覚ます夜の喧騒
古傷は隠さないで 心に刻んだの
消えて欲しくない 灯が 絶望を跳ね返す武器になった

迷い続けて 失くした明日を 今取り返すなら
大きく踏み込んで

たとえ決められた未来としても 君が笑う方選ぶから
泣きはらした目で見つめないで 分かってる
否定される日々が待っていても すべてを向けられる
なりたかったボクだけの 強さで守るから

いつしか綺麗事を 並べて かきむしって
叶うわけないなんて 誰が決めたわけでもない

不確かなこと 不安は尽きなくて
ピンチを変えるなら 笑って挑むんだ

たとえ日の目を見ない明日でも その先を信じるから
理屈なんて知らなくていいよ もう分かってる
必要かどうかなんて要らない 僕がそこに居たいから
そこにあった新しい 思いは一つだけ

幸福を告げる鐘を鳴らせ 届かない手を伸ばして
行き先は見えなくていい もう分かってる
否定される日々が待っていても すべてを向けられる
なりたかったボクだけの 強さで守るから

[ 広告 ]

\この曲のみんなの印象をチェック!/

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
75
切ない
50
感動
25
壮大
100
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
25
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
50
不思議
0
狂気
0
怖い
0
このページをシェアする
Page Top