夢落ちナイトメア

Helios+trope

歌詞

開く扉その秒針も 響く足音近づいて
同じセリフを聞き流して 数えてもきりがないから

守り抜きたいその表情も 違う世界では生きている
挑んでは折れてを繰り返して 同じ日付を巡る 

黒い腕から 息を殺して隠れても
背後の影に 何度も繰り返す

叫び声も届かない 暗闇のど真ん中で
一筋の糸を手繰って寄せる
死に戻ってでも失ったハッピーエンドのカケラを集めて
今夜も闇に潜ってく

覚めたはずのその喧噪が
開けたドアに隠れていた
何度も交差しているのは
自分すら分からないまま

開けて 開けてよ もうここから連れ出して

抜け出せない螺旋にも 光はどこかにあって
君の面影追いかけて 走る
たとえ同じ顔をされたって変わらぬ言葉で
強がって 涙なんて見せないから

正夢に限って 出会うまで覚えてない
その景色を見たら 途端に思い出す
抜け出せたはずなの 今度はきっとそう
遠くに飛ばされて 出口が見えないの

忘れたはずの景色 時間軸の先
そんなはずないって既視感を避けて
偽ってきたんだ

叫び声も届かない 眠りを覚まして
辿って 思い出して此処にいる
夢落ちの最後を 見せ

[ 広告 ]

\この曲のみんなの印象をチェック!/

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
92
切ない
15
感動
50
壮大
35
癒し
12
面白い
15
ノリがいい
65
鼓舞
4
かわいい
4
恋愛
4
セクシー
0
怒り
8
不思議
12
狂気
12
怖い
0
曲情報
作詞
Helios+trope
作曲
Helios+trope
このページをシェアする
Page Top