奏であい

Aqua Timez

歌詞

果てなき夢の途中で 限りある未来を覗く
君の隣で笑うのが 僕じゃない誰かに見えた
君と見つけた小さな公園に着いたよ
あの日 ふたりブランコに乗って 空に近づいたね

僕らは似たもの同士 捕まえてほしくて逃げて
失いかけて初めて 失いたくないものを知る

わかってくれないと しょげる僕も 君のことを わかろうとしてはいない
ぎこちない指先で 鍵盤をなぞるみたいに そっと
奏であうんだろう 誰も知らぬ未来を

いくつもの笑い話と 言いそびれる愛のコトバ
西日が染める帰り道 いつもの駄菓子屋に寄る
違う味のアイスを買って こうかんこする
君は僕の、僕は君の、選んだ味を欲しがる

抱き合って丸くなる度 離れるのが怖くなる
かわいてく真実から 逃げるようにくちづけをする

次を望まなくても 風がページを めくってゆく 立ち止まってる隙に
僕の幸せが 君の幸せとは限らない
奏であうには 僕ら 違いすぎたの?

不協和音さえも 愛せたなら きっと僕ら そばにいれたね ずっと
切りすぎた前髪を 右手で押さえて 照れる君の
愛すべきしぐさも 僕は忘れてくのかなぁ

この曲のみんなの印象をチェック!

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
50
感動
0
壮大
0
癒し
50
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
50
恋愛
100
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
太志
作曲
太志
編曲
Aqua Timez
ProducedAqua Timez
Vocal太志
Guitar大介
BassOKP-STAR
DrumsTASSHI
Keyboardsmayuko
引用10th Anniversary Best RED
このページをシェアする
Page Top