VERMILION.

ナイトメア

歌詞

微かに感じた
拭えない不安の前兆
気づかない素振りで
傷つかないよう
笑った

もう少し呼吸を止めて
誰にも弱さ見せずに
夢はもう長くはないと
そう
賽は投げられた

厚く嘘で塗られた日々を
壊れ、救えない世界を
まだ今も愛してる
いつか変われるような気がして
弱い自分と重ねた
青すぎるいつかの空

目を背け続けて
近づきすぎた太陽
優劣を裁くなら
焼かれるのは
そう

わかってた、こんな未来が
そう遠くはないってことなんて
わかってたけど
そんな簡単に自我を殺せずに

厚く嘘で塗られた日々を
壊れ、救えない世界を
まだ今も愛してる
いつか変われるような気がして
弱い自分と重ねた
青すぎるいつかの空

朱く染まる退屈な街
冷たい風が頬を叩くように
「今」を否定する
巡り巡って気づけばそこは
輝く星さえ見えない
永遠の闇

厚く嘘で塗られた日々を
壊れ、救えない世界を
まだ今も愛してる
縋るように崩れて叫んだ僕を
「哀れ」と嘆き、笑っていた
風と太陽
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
100
切ない
50
感動
50
壮大
0
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
100
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
RUKA
作曲
RUKA
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top