もっと

Mr.Children

歌詞

悲しみの場所に灯された裸電球に似た光
それは ほら吹きに毛の生えた にわか詩人の蒼い願い

華やぐ季節がそこまで来てるのに
相変わらず心をどこかに置いたまま

暗い目をしてたって
この星のリズムは
君に笑顔を降らすから
きっと きっと きっと

ヘッドフォンで塞いだはずの理由のない孤独な叫び
やわな手足を もぎ取られたバッタみたいに もがく思い

世界は誰にでも門を開いて待っている
平等の名の下に請求書と一緒に

そんな理不尽もコメディーに見えてくるまで
大きいハート持てるといいな
もっと もっと もっと
もっと もっと もっと

夜ごとの花火はもう上がらなくていい
心に消えない光が咲いてるから

暗い目をしてたって
この星のリズムは
君に笑顔を降らすから
きっと きっと きっと

どんな理不尽もコメディーに見えてくるまで
大きいハート持てるといいな
もっと もっと もっと
もっと もっと もっ
この曲に投票して応援しよう!

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
この曲に投票して応援しよう!
直球
深い
かっこいい
0
切ない
100
感動
0
壮大
0
癒し
0
面白い
0
ノリがいい
0
鼓舞
0
かわいい
0
恋愛
0
セクシー
0
怒り
0
不思議
0
狂気
0
怖い
0
曲情報
作詞
桜井 和寿
作曲
桜井 和寿
編曲
小林武史 & Mr.Children
このページをシェアする

関連動画(検索結果)

> YouTubeで検索
Page Top