StyleLover-Rubber:Style-

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ

歌詞

愛した穴の数だけ 僕は死んだ魚の眼
濁っていく 清濁が 純粋に白く染まる
愛した穴の数だけ 僕は死んだ魚の眼
ミルクティーみたいに 清濁が 喉につっかかる

部屋の隅で泣いた 泣いた 淋しくなったの
クビを締めた 僕は僕をきつく締めたんだ
「さ よ う な ら」が

言えるなら 言えるなら 言えるなら 苦しくはないよ
嫌になる 嫌になる 僕は何も見えなくなるよ
離れていくのならば 近づかないでよ
嫌になる 嫌になる 頭がオカシクなりそうだあ゛―――

部屋の隅で泣いた 泣いた 悲しくなったの
アレが締めた アレが僕をきつく締めたんだ
淋しくなるよね

思い出にするなら アノ人が泣くから
さようなら言えるなら 君が笑い出す

死ねば良いよ 死ねば良いよ 死ねば良いよ 僕なんか
死ねば良いよ 死ねば良いよ 僕は何も言えなくなるよ

僕は最初っからね
産まれちゃ駄目だった
嫌になる 嫌になる
生きている事も死んでいく事も

この曲のみんなの印象をチェック!

動画検索結果

※曲名・アーティスト名での検索結果を使用しているため、別の曲など関係のない動画が表示されることがございます
> YouTubeで検索

この曲の印象

この曲にはまだ投票がありません
この曲の印象をみんなの投票で決めよう!
直球
深い
かっこいい
切ない
感動
壮大
癒し
面白い
ノリがいい
鼓舞
かわいい
恋愛
セクシー
怒り
不思議
狂気
怖い
曲情報
作詞
作曲
準々
このページをシェアする
Page Top